保険薬局のお仕事とは?


こんにちは
薬局薬剤師のすずか(@suzuka_Ph)です。

今回は、私が薬局薬剤師1年目で教わった、大事な考え方について書いていきます。

薬局薬剤師のお仕事とは?

そもそも薬局薬剤師のお仕事って何でしょうか?

厚労省が出している「患者のための薬局ビジョン」を参照すると

服薬情報の一元的・継続的把握とそれに基づく薬学的管理・指導、24時間対応・在宅対応、医療機関等との連携 など
(厚生労働省「患者のための薬局ビジョン」から一部抜粋)

そして「健康サポート薬局」では

かかりつけ薬剤師・薬局の基本的な機能を備 えた薬局のうち、地域住民による主体的な健康の維持・増進を積極的に支援する薬局である。
具体的には、医薬品等の安全かつ適正な使用に関する助言を行うこと、 健康の維持・増進に関する相談を幅広く受け付ける…
(厚生労働省「健康サポート薬局のあり方について」から一部抜粋)

と書いてあります。

健康サポート薬局を初めて聞いたときは、正直、処方せんの患者さんだけで手一杯で、できるのかな?って思ってしまいました…
そのお仕事の給料は誰から貰っている?

私は正直、健康サポート薬局の機能は難しいのではないかな?と思っていました。
処方せんの患者さんだけで手一杯…

しかし、私が新入職員のとき、ある薬剤師さんに「薬局薬剤師として大事な考え方」を教わりました。

 

薬局薬剤師は、誰から給料を貰っているの?

 

日々の業務を行っていると「患者さん」だけ見えてしまいますが、それだけで考えると「一部負担金」のみとなってしまいます。

 

よく考えると、私たちの給料の基は、患者さんの一部負担金のみならず、公的医療保険の財源である、「保険料」、そして「税金」で成り立っています。

そして、もちろん日本は「国民皆保険制度」。

 

つまり、処方せんを持っていない方からも、お給料を貰っていることになります。

 

そこから、健康サポート薬局の考え方は「+α」でなく、「義務」の業務であると言えます。

保険薬局が、処方せんから利益を得ていることを前提に書いてます♡
まず一歩から初めてみよう

しかし、義務とは言えど、いきなり健康相談を行うなどは少しハードルが高いかと思います。

 

忙しいところなら、休日を返上する覚悟で行わなければなりません。

 

そこで現実的なのが、薬局内の掲示物を工夫してみることは、できるかな?と思いました。

「ジェネリック医薬品推進」
「お薬手帳の役割」
「かかりつけ薬剤師」

このポスターが薬局として多い印象です。しかし、これらポスターだけでなく

 

「座ってもできる肩こり解消体操」
「今日の献立紹介」
などのポスター、チラシを設置するだけで薬局の印象は大きく変わると思います。

 

また、今はインターネットがある時代です。

薬局のホームページで、健康情報を流していくことも可能かと思います。

 

まず、初めの一歩を踏み出してみて、健康相談を行う姿勢をつくることが、個人的には大事かと思います!

 

このように、給料の観点から考えていくと、薬局薬剤師のお仕事の見え方が変わってくるはずです。

 

処方箋を持っていない方へ、今できることから初めてみましょう!

以上が、私が新入職員のときに、教わったことです。この心得を大事にお仕事していきます!